岡倉 天心 ● Tenshin Okakura

岡倉天心(おかくら てんしん)・・・本名は、岡倉覚三(おかくら かくぞう)

江戸時代末期1862年(文久2年)、横浜に生れ、1913年(大正2年)9月2日、50歳で赤倉温泉にて永眠。岡倉天心は、明治期の美術指導者であり、思想家です。東京美術学校(現・東京藝術大学)を創設し、初代校長となりました。そして、横山大観、下村観山、菱田春草らの大画家を育てるとともに、橋本雅邦(はしもと がほう)と日本美術院を創設し、美術運動の拠点としました。その後、ボストン美術館の東洋部長をつとめるとともに、この時代にあって、なんと英語で「茶の本」を出版したのです。世間が、西洋文化の波にのまれつつある中で、東洋・日本の文化と思想の重要性を訴えた思想家としての一面をあらわにしました。

岡倉天心は、日本近代美術の父と言われながらも、自身では、ほとんど美術作品を残しませんでした。一方、多くの芸術家を育て、天心は、美術品の目利きでありながら、“人間の目利き”であり、芸術の題材となる“景勝地の目利き”であったと言ってもよいでしょう。その岡倉天心が、赤倉温泉を賞して、「世界一の景勝の地」と語ったのです。また、「山の赤倉温泉、海の五浦(いづら)(茨城県)」として、日本を代表する両景勝地とそこに住む人たちをこよなく愛しました。(赤倉温泉観光協会︱赤倉温泉の魅力より)

天心と妙高

明治39年、岡倉天心が赤倉温泉の地を訪れました。岡倉天心は、世界的画家横山大観、菱田春草、下村観山らの師として知られ、日本近代美術の父とも言われています。

岡倉天心は、当地を訪れると、「世界一の景勝の地」と激賞しました。そして、別荘「赤倉山荘」を造るとともに、赤倉温泉を「東洋のバルビゾン」にしようという構想をつくりました。

「バルビゾン」とは、フランスの都パリの郊外にある美しくも静かな村です。「落穂ひろい」や「種まく人」で有名な世界的画家ミレーらが住み、多くの画家を輩出した地です。天心は、赤倉温泉に日本美術院を移し、バルビゾンに負けない芸術発信地にしようとしたのです。そこで、天心は、弟子の横山大観、菱田春草を赤倉温泉に招き、彼らもまた赤倉温泉を激賞しました。ところが、天心があまりに当地のことを熱を入れて誉めるので、その意向を察し、本題を切り出される前に、天心が寝ている隙を見て東京に帰ってしまったのです。大観と春草は、赤倉温泉を絶賛しつつも、東京からは余りにも時間がかかる遠いこの地に美術院を移すことには納得できなかったのです。

現在は、当地に理解のある平山郁夫画伯による、岡倉天心の遺志を実現したいとのはたらきかけもあり、「平山郁夫世界文化芸術研修交流センター」が設立されました。

現在、赤倉温泉と東京は約3時間で結ばれるようになりました。これを横山大観、菱田春草が知ったら、赤倉温泉を「東洋のバルビゾン」にしようと納得することでしょう。

(赤倉温泉観光協会︱赤倉温泉の魅力より)

天心・岡倉覚三先生略年譜

  • ※1872年までは旧暦
  • 1862年  文久2年      0歳  12月26日、父・岡倉覚右衛門、母・このの次男として横浜に生まれる。幼名は角蔵(後に覚蔵)
  • 1869年  明治2年      6歳  ジェームズ・パラーの塾で英語を習いはじめる。
  • 1870年  明治3年      7歳  母この、妹を産んだ後、急死。
  • 1871年  明治4年      8歳  父が大野しずと再婚。覚蔵は神奈川県長延寺にあずけられ、玄導和尚より漢籍(漢文で書いた書物)を学ぶ。
  • 1873年  明治6年    10歳  一家をあげて東京に引っ越す(父母、翌年より宿屋を開く)。覚蔵は東京外国語学校に入学。
  • 1875年  明治8年    12歳  東京開成学校学校(後東京大学となる)に入学。名を「覚三」と改める。
  • 1879年  明治12年  16歳  大岡もと(十三歳)と結婚。
  • 1880年  明治13年  17歳  東京大学文学部を卒業。文部省音楽取調掛となる。
  • 1881年  明治14年  18歳  長男一雄生まれる。
  • 1884年  明治17年  21歳  長女こま生まれる。奈良・法隆寺に救世観音を見る。
  • 1886年  明治19年  23歳  美術取調季員としてフェノロサと欧米視察に行く。
  • 1887年  明治20年  24歳  欧米視察より戻る。フェノロサと欧米視察の講演。
  • 1889年  明治22年  26歳  2月、東京美術学校開校。帝国博物館理事及び美術部長となる。
  • 1890年  明治23年  27歳  東京美術学校初代校長となる。
  • 1893年  明治26年  30歳  帝国博物館の依頼により、清国(中国)に美術調査の旅に出る。「支那旅行日誌」を記す。
  • 1896年  明治31年  35歳  東京美術学校長を辞職する。日本美術院(院展)を創立。
  • 1901年  明治34年  38歳  インド旅行に向かう。詩人・タゴールと親しくなる。
  • 1902年  明治35年  39歳  インド旅行より帰国。
  • 1903年  明治36年  40歳 「東洋の理想」がロンドンで出版される。五浦(茨城県大津町)に土地を求める。
  • 1904年  明治37年  41歳   大観春草、紫水を連れて渡来。ボストン美術館で東洋部顧問になり、日本絵画蔵品目録を作成する。                                                                                                                                   万国博の芸術・科学会議で「絵画における近代の問題」を講演する。「日本の覚醒」がニューヨークで出版される。
  • 1905年  明治38年  42歳  アメリカより帰国。五浦の住居を拡張、瞑想の場・六角堂を建てる。二度目のボストン美術館勤務に出発。
  • 1906年  明治39年  43歳  ボストンより帰国。「茶の本」がニューヨークで出版される。妙高高原を初めて訪問。ただちに赤倉に土地を求め、八月、山荘を建てる。
  • 1907年  明治40年  44歳  文部省美術展覧会審査委員となる。図画玉成会を結成、会長となる。五浦で日本美術院披露の観月会を開く。日本彫刻会を結成会長となる。
  • 1910年  明治43年  47歳  ボストン美術館中国日本部長となる。
  • 1911年  明治44年  48歳  ボストン美術館で「東アジアの絵画における自然」を講演。ハーバード大学より文学修士号授与される。
  • 1913年  大正2年    50歳  オペラ台本「白狐」を執筆。4月、健康の悪化で帰国、五浦にもどる。8月赤倉山荘に静養に行く。                                            9月2日午前7時3分、腎臓病がもとで赤倉にて死去。

2017年9月2日土曜日。昨日は天心忌でした。

妙高白狐倶楽部合唱団さんから妙高市赤倉温泉「天心六角堂」の前でオペラ白狐より2曲を歌っていただきました。

オペラ白狐のFBもご覧ください。

https://www.facebook.com/OperaTheWhiteFox/

オペラ白狐の「保名」が再び妙高に!
「オペラ白狐」世界初演で保名を好演した猪村浩之さんのテノールリサイタルを開催いたします。ピアノは、猪村さんと「オペラ白狐」茨城五浦公演や東京豊洲公演でも演奏していただいた木村裕平さんです。
昨年7月に誕生した「妙高白狐倶楽部」の白狐合唱団との共演もあります。お楽しみに!
映画音楽、カンツォーネ、ジャズのナンバーまで、とても素敵なアコースティックライブです。是非ともご来場ください!
日時=6月3日(土)14時開演
会場=妙高市文化ホール ホワイエB
入場料=500円

アートステージ音楽祭 2016が紹介されました

ヤマハエレクトーンシティのトピックス&コンサートニュースとヤマハエレクトーンシティニュースに12月に開催されたアートステージ音楽祭2016の記事が掲載されました。執筆は東京オペラ・プロデュースのプロデューサーで、本公演の指揮者であった飯坂純氏です。
http://jp.yamaha.com/…/electon…/archive/opera/2016/20161204/


2016年

7月

24日

妙高白狐倶楽部設立

本会は、岡倉天心終焉の地(新潟県妙高市)としての歴史を後世に伝えていく中、当地にて没後100年を機に、2013年12月1日に妙高市文化ホールで世界初演が行われたオペラ「白狐」(翻訳・台本・作曲:平井秀明/公益財団法人妙高文化振興事業団委嘱作品)を、今後も地域の音楽文化の核として育てていくことを基本に「妙高白狐倶楽部」を設立するものです。

0 コメント

2015年

12月

03日

白狐そしてオペラの魅力

ご来場ありがとうございました。

0 コメント

2014年

12月

10日

「白狐」再び!

100年の時を経て新鋭指揮者で作曲家の平井秀明氏の翻訳・台本・作曲による「新作日本語版」として、全幕の世界初演から1年。この「白狐」の再演を目指す取組のひとつとして、アリアを中心にしてナレーションでストーリーをつないでいくハイライト上演を開催しました。

演奏=指揮:平井秀明/ピアノ:池松玲子/合唱:白狐合唱団

キャスト=コルハ、葛の葉:菊池美奈/保名:谷川佳幸/悪右衛門:豊島雄一・乙女、狐の妖精:髙橋 維

平成26年11月30日14時開演

妙高市文化ホール 大ホール

 

 

0 コメント

6月22日~23日の開館30周年記念事業テーマシンポジウムの内容が妙高チャンネルで今週放映中です。Y

妙高チャンネル(30周年記念事業テーマシンポジウム)がYou Tubeにアップされました。

2016年

7月

24日

妙高白狐倶楽部設立

本会は、岡倉天心終焉の地(新潟県妙高市)としての歴史を後世に伝えていく中、当地にて没後100年を機に、2013年12月1日に妙高市文化ホールで世界初演が行われたオペラ「白狐」(翻訳・台本・作曲:平井秀明/公益財団法人妙高文化振興事業団委嘱作品)を、今後も地域の音楽文化の核として育てていくことを基本に「妙高白狐倶楽部」を設立するものです。

0 コメント

2015年

12月

03日

白狐そしてオペラの魅力

続きを読む 0 コメント

2014年

12月

10日

「白狐」再び!

100年の時を経て新鋭指揮者で作曲家の平井秀明氏の翻訳・台本・作曲による「新作日本語版」として、全幕の世界初演から1年。この「白狐」の再演を目指す取組のひとつとして、アリアを中心にしてナレーションでストーリーをつないでいくハイライト上演を開催しました。

演奏=指揮:平井秀明/ピアノ:池松玲子/合唱:白狐合唱団

キャスト=コルハ、葛の葉:菊池美奈/保名:谷川佳幸/悪右衛門:豊島雄一・乙女、狐の妖精:髙橋 維

平成26年11月30日14時開演

妙高市文化ホール 大ホール

 

 

0 コメント

2014年

10月

20日

新潟市で「こぎつねさんのごあいさつ」

12月2日(火)19時開演~平和祈念の調べ~演奏活動60周年「愛弟子平井丈一郎が恩師パブロ・カザルスに捧げる特別演奏会」がBSN新潟放送の主催で開催されます。
演奏:平井丈一朗(チェロ) 平井元喜(ピアノ)指揮:平井秀明合唱:新潟市ジュニア合唱団
妙高で世界初演された、平井秀明氏(翻訳・台本・作曲)オペラ「白狐」(原作:岡倉天心)第2幕より児童合唱「こぎつねさんのごあいさつ」も演奏されます。是非ともご来場ください!詳しくはBSN新潟放送のホームページをご覧ください。http://www.ohbsn.com/event/2014/10/010770.php

 

0 コメント

2014年

10月

03日

オペラ「白狐」ハイライト上演のチケットを発売しました!

アートステージ音楽祭 オペラ「白狐」(全3幕・日本語版)ハイライト上演《演奏会形式》のチケットを発売しました。

チケットの取扱プレイガイドは以下のとおりです。

 

《妙高市》

 ・妙高高原地区:不二屋

 ・妙高地区:十二屋

 ・新井地区:おおじかや衣料・志保屋・西脇電気商会・文栄堂・文進堂・妙高市文化ホール

《上越市》

 ・アコーレサービスカウンター

 ・二葉楽器本町店

 

※上記プレイガイドのほか、お電話、メール等でのご用命も承っております。お気軽にお問い合わせください。

《お問い合わせ先》

 妙高市文化ホール

 ・電話 0255-72-9411

 ・fax  0255-72-9412

 ・e-mail info@myoko-bunka.jp

 

2016年

7月

24日

妙高白狐倶楽部設立

本会は、岡倉天心終焉の地(新潟県妙高市)としての歴史を後世に伝えていく中、当地にて没後100年を機に、2013年12月1日に妙高市文化ホールで世界初演が行われたオペラ「白狐」(翻訳・台本・作曲:平井秀明/公益財団法人妙高文化振興事業団委嘱作品)を、今後も地域の音楽文化の核として育てていくことを基本に「妙高白狐倶楽部」を設立するものです。

0 コメント

2015年

12月

03日

白狐そしてオペラの魅力

続きを読む 0 コメント

2014年

12月

10日

「白狐」再び!

100年の時を経て新鋭指揮者で作曲家の平井秀明氏の翻訳・台本・作曲による「新作日本語版」として、全幕の世界初演から1年。この「白狐」の再演を目指す取組のひとつとして、アリアを中心にしてナレーションでストーリーをつないでいくハイライト上演を開催しました。

演奏=指揮:平井秀明/ピアノ:池松玲子/合唱:白狐合唱団

キャスト=コルハ、葛の葉:菊池美奈/保名:谷川佳幸/悪右衛門:豊島雄一・乙女、狐の妖精:髙橋 維

平成26年11月30日14時開演

妙高市文化ホール 大ホール

 

 

0 コメント

2014年

10月

20日

新潟市で「こぎつねさんのごあいさつ」

12月2日(火)19時開演~平和祈念の調べ~演奏活動60周年「愛弟子平井丈一郎が恩師パブロ・カザルスに捧げる特別演奏会」がBSN新潟放送の主催で開催されます。
演奏:平井丈一朗(チェロ) 平井元喜(ピアノ)指揮:平井秀明合唱:新潟市ジュニア合唱団
妙高で世界初演された、平井秀明氏(翻訳・台本・作曲)オペラ「白狐」(原作:岡倉天心)第2幕より児童合唱「こぎつねさんのごあいさつ」も演奏されます。是非ともご来場ください!詳しくはBSN新潟放送のホームページをご覧ください。http://www.ohbsn.com/event/2014/10/010770.php

 

0 コメント

2014年

10月

03日

オペラ「白狐」ハイライト上演のチケットを発売しました!

アートステージ音楽祭 オペラ「白狐」(全3幕・日本語版)ハイライト上演《演奏会形式》のチケットを発売しました。

チケットの取扱プレイガイドは以下のとおりです。

 

《妙高市》

 ・妙高高原地区:不二屋

 ・妙高地区:十二屋

 ・新井地区:おおじかや衣料・志保屋・西脇電気商会・文栄堂・文進堂・妙高市文化ホール

《上越市》

 ・アコーレサービスカウンター

 ・二葉楽器本町店

 

※上記プレイガイドのほか、お電話、メール等でのご用命も承っております。お気軽にお問い合わせください。

《お問い合わせ先》

 妙高市文化ホール

 ・電話 0255-72-9411

 ・fax  0255-72-9412

 ・e-mail info@myoko-bunka.jp